治療法の糸口

改善という点において、より総合的な治療を目指していくことは、現代の医療ならではの、進歩であるという風にも、言える可能性があるわけです。環境を整えるということは、具体的に言えば、生活する環境、をより生活しやすくするように、調節したり、人間関係についても、他社が、アドバイスをすること、調整していくというふうに、自分自身ではどうにもできないような状況を、専門的な技術や、知識を持っている人に、助けてもらうような形で、解決してもらうということが、重要だと言えるでしょう。うつ病などの、治療にもよく用いられているような、治療方法は、発達障害を治療する際にも、有効であるというふうにも、言われており、大きな、改善の見込みがあるという人もいるようですから、積極的に、学ぶことが重要だと言えるでしょう。最終的な、目的としては、発達障害を抱えている人が、社会で自立して、行動できるようにすること、つまり、 Self Control を目的としている部分が、多いのかもしれませんが、いずれにしても、社会の温かいまなざしの上で、そのようなものが、成り立つということを、忘れてはなりません。結果的に言ってしまえば、他者が、しっかりと見守るという意識を持っている、そのような社会にこそ、発達障害を、マイナスの理由としない、多様性が生まれる、というふうに考えられているわけです。他にも、発達障害や、 ADHD や、アスペルガー症候群などの治療には、薬が用いられることも多いわけです。神経伝達物質の動きを、改善する目的で、服用することも多いため、服用している期間では、十分に、症状が改善されると言う場合もあるようですから、病院などで話を聞いてみるのも、良いかもしれません。