治療薬について

薬の投与による結果として、神経伝達物質が、十分に、情報を伝えられるようになった結果、自分自身が気づかなかった発達障害が改善されると言う見込みもあるようですが、その服用には、特に、注意が必要だという風に言われることが多いようです。いずれにしても、医者の処方によって、しっかりと服用量求められており、常に、医者と相談しながら、その量を調節しなければならない、という風に言われています。無理に、自分自身で、用法や用量などを変えてしまうことは、副作用が出てしまうことにも、つながるというふうに、考えられているため、特に、注意が必要だということは、確実に言えるでしょう。 ADHD の人や、発達障害を抱えている人にとって、、非常に苦労するのが、社会に出た上で、どのような仕事をしていくのか、ということかもしれません。実際に、自分自身で、お金を稼いだり社会的に自立して生活していくという風になった場合には、このような問題が、多く降りかかってしまうということは、残念ながら、よくあることだ、というふうにも言われています。一般的には、このような人が生活をする場合においては、周りの人が、特に、気を使ってケアをするということが、重要になってきており、集中力が、長く続かない場合には、それに応じた仕事を提供したり、計画することが、苦手な人にとっては、あまり、計画する必要がない仕事を提供することが必要であったり、というように、様々な点で、考慮しなければならないところがある、ということは言えるでしょう。そのような中でも、決して能力が劣っている、という風に捉えてしまうのは、間違っています。具体的に言えば、発想が豊かであったり、行動力が飛び抜けていたりという風に、普通の人よりも、能力が高い部分もあるわけですから、そのような部分を見出してしっかりと雇用を生み出していくということが、様々な多様性を認める上でも、特に、重要だというふうに、考えられるのではないでしょうか。