発達障害と支援

大人の社会においても、発達障害をめぐってトラブルとなる、このようなケースが、頻繁にあいついだ結果、職場でいじめられたり、というようなケースも、ドキュメンタリー番組などでは、取り上げられており、社会問題になりつつある、ということは、確かに、言えるのかもしれませんね。そして、大人になれば、社会が複雑になるにつれて、様々なことを同時にやらなければならない、という事態が増えてくるわけです。いわゆる、マルチタスクと呼ばれるものですが、発達障害の人においては、マルチタスクを、上手に行うことができない、ということが挙げられています。マルチタスクと呼ばれるものは、脳内で、様々なものを、小分けにして、管理しておくということが求められるわけですが、発達障害の人にとっては、それが、難しい場合があるということです。様々な、仕事の、、様々なプロセスを、順序立てて考えることができないために、思考が停止してしまったりする、というケースもあるわけです。マルチタスクと呼ばれるものは、一般社会の、複雑化した仕事をこなすためには、重要なものである、というふうに考えられているわけで、そういう場合においては、発達障害の人に、シンプルな仕事を、一つずつこなすよう、指示をしてことで、うまく解決する、というケースも、見たことがありますから、参考にしてみると、いいかもしれません。改善するためには、仕事の、任せ方を、変えるなどすることも、重要だということは確実に、言えるかもしれませんし、子供の場合であっても、宿題や、予習など、様々なレベルで、マルチタスクは存在しており、そのような課題を、どのように、優先順位を付けてこなしていくのかということが、分からなくなってしまう、子供もいるということは、保護者が、しっかりと理解しておく必要がある、と言えるかもしれません。