発達障害と遺伝

一般的に、このような問題は、まだ解決していないとも言われるようですが、発達障害が、具現化するために、関連する遺伝子が複数あるということは、指摘されるようになってきているようです。ただ、その、全てが遺伝として受け継がれるかどうか、というのは、意見が分かれているところであり、今後の、研究が待たれるところでもある、と言えるのかもしれません。このような特徴というものは、医学によって、改善するということは、非常に難しく、そもそもが、脳の特性として、考えられているのが、発達障害であるため、適切な治療を施すことによって、症状を、少しでも、改善するということは、確実にできるわけですから、ある程度、緩和したり、軽減したりすることはできる、ということは、現代医療の進歩であると言えるかもしれません。そもそも、昔であれば、このようなものが、障害としても、認められていなかった現実があるわけで、現代では、やや、それが進んだ、という風にも考えられなくも、ないのではないでしょうか。残念なことに、 ADHD、 アスペルガー症候群などの発達障害は、2次的な障害が起こりやすい、というふうにも言われており、元々あった障害や、様々な症状がきっかけとなってしまい、二次的な障害が、起こってしまうということです。一般的にあげられているのは、双極性の障害であったりとか、うつ病などのも、これに含まれるようです。つまり、発達障害を抱えた結果、自分自身が社会と適合していないというふうに、思い込んでしまうなどして、うつ病を発症してしまったりする、というケースが、あるということです。