社会の寛容さの必要性

社会で働いている大人などには、うつ病を二次的に発生してしまうというケースが多く、自分自身が、社会に十分に溶け込めていないことを悩んでしまい、うつ病となってしまったりする、ケースがある、ということは、もう少し、知られる必要があるというふうに、考えられます。残念ながら、このようなケースを、見過ごしてしまったために、自殺まで及んでしまったりだとか、というケースもある、というふうにも、聞いたことがありますから、注意をする必要がある、というふうに考えられます。一般的な、医療診断でも、このような場合、発達障害の前に、うつ病などという風に診断されてしまうことが多く、2次的な障害を本来の病気として捕らえられて、診断されてしまった、というケースもあるようですから、自分自身でも、注意をしておく必要があるということは、確実に言えるのかもしれません。根源的な要因に対する改善を求めるならば、うつ病の先にある、発達障害まで、しっかりと診断してもらう必要があるわけですから、特に、注意しておくことが、重要だと言えるのではないでしょうか。大変、残念なことに、アスペルガー症候群や、 ADHD といった、発達障害を、抱える人の多くは、社会に出てからも、家に戻ってからも、常に非常に普通の人が気づくことがない、困難に、常に直面しているということを、理解しておくことが重要だと言えるでしょう。このような場合に、おいては、様々な場面で、困難に、チョクメンしているということ、そのものを、理解しておくことが、重要だと言えますし、きちんと、病院に行って、発達障害に関する、診断を受けることで、どのような病気にかかっているのか、ということを、確定することだけではなくて、自分自身を、どのように理解するのか、ということにも、つなげていくことが、個性に頼って、アイデンティティを形成するという上でも、特に、重要だということが言えます。