発達障害と映画・ドラマ作品集

4月 1, 2019 0 投稿者: admin

発達障害を題材にした映画やドラマは、皆さんがその存在を大きく意識する事に一役買っています。映画やドラマの中では、発達障害をもつ主人公や、その周囲の人々が、印象的に描かれている事が多く発達障害と人々の関わりをドラマティックに演出されています。時には悲劇であり、時にはコメディであり、人間模様の複雑さが一際目立つ内容のものがほとんどです。様々な人間の相関図が描かれている中で、ほとんどのストーリーの主軸となって表現されている事は、発達障害をもつ人々の「コミュニケーション能力の低さ」や「社会性の乏しさ」です。実際に「発達障害」には、人々と接する場面でのトラブルや問題が多く報告されていて、その観点から周囲のサポーター的な役割をする人々の助けを必要とする障害であると言われています。

注意深く、発達障害を題材とした映画やドラマを見ていくと、発達障害を持つ人物と、その周囲でサポーター的な人物は、ストーリーの中で、トラブルや問題を抱え、発達障害がもたらす社会的な壁に直面していきます。それぞれの人物は、個々に傷ついたり、挫折をしながらも、周囲の人々を巻き込みながら、問題やトラブルを乗り越えようとストーリーが展開していきます。その光景がなんとも、人々を惹きつけ、良い映画であった、印象深い作品であった、というような人々の感想に結びついていると考えられています。これらの作品は、どれも皆さんの日常を切り取ったような場面ばかりなはずなのです。発達障害を抱える人々とのつながりは、なぜか周囲を巻き込み、皆でトラブルを解決しなくてはならないような取り組みに発展していきがちです。日常生活の中では、見えにくい関わり合いですが、映画やドラマとして、発達障害との関わりを再確認する事で、なんとも素敵なドラマに溢れた日常なのだと改めて考え直しました。