支援のエキスパート

5月 8, 2019 0 投稿者: admin

教育機関での社会的生活から、自立への社会生活に踏み出す事は、誰しも不安と、好奇心をもって挑む挑戦であります。発達障害をもつ人々にとって、未知の世界にトライする事は、大きな困難を伴う過酷な試みであります。特別支援教育機関以外にも、発達障害の支援に携わる人々の存在をご紹介していきます。未知なる社会生活での様々な問題に立ち向かう、支援を行うエキスパートたちの存在を知識として知り得ておく事も必要です。

●医師・・・療育の中では主軸の存在です
●保健師・・・子どもの発達障害に関わる事が多い
●臨床発達心理士・・・発達に関する臨床が専門
●臨床心理士・・・心理的な支援を行う
●理学療法士・・・生活面における行動の支援
●作業療法士・・・運動や感覚的な回復を支援
●言語視覚士・・・言語的な発達
●教師
●保育士
●特別支援教育士・・・各機関の情報などの収集を支援
●特別支援教育コーディネーター
●スクールカウンセラー
●支援員

医療機関や教育機関、療育機関に加え、福祉機関などにも支援者は在籍しています。