アインシュタインと発達障害

8月 3, 2019 0 投稿者: admin

皆さんは、【アルベルト・アインシュタイン】が、何をした人かご存知ですか?「相対性理論」を確立し、物理学に大きな貢献をした歴史上の人物です。1879年3月14日にドイツで生まれたアインシュタインは、3歳前後になっても言葉を話す事がなく、家族にとっては心配の種であったそうです。その後、成長とともに言葉を話すようになったのですが、同世代の子どもたちとは会話をしようともせず、幼い子どもが誰でもするように、近所の子どもたちと自宅周辺をかけ回って遊んだり、天気の良い日にスポーツを楽しむような事などは、ほとんど参加しない幼少期を過ごしたようです。学校では、「数学」がズバ抜けて得意であったのですが、その他の教科は、文字が苦手という事で、数学以外の成績は落ちこぼれであったようです。学校では、そのような成績であったアインシュタインが、物理学者になれた理由は、「発達障害」に、その秘密があったのかもしれません。アインシュタインは、発達障害の分類の中では、「言語障害(LD)」であったのではないかと言われています。日本に落された原子爆弾は、アインシュタインに関わりがあるとされていますが、アインシュタイン本人は、世界第二次世界大戦の後に、反戦運動に加わっています。アインシュタインが、相対性理論を発表した際には、その高度過ぎる研究に、周囲の専門家なども全く理解ができなかったというような事柄が言われています。