発達障害の「特性」とともに

3月 1, 2020 0 投稿者: admin

発達障害を持つ人々の中には、「一般枠」と「障害者枠」などと呼ばれる、就職の選択肢として大きな2つの方法があります。発達障害に関しては、障害者を支援するための手帳制度などを、利用することで、発達障害などの「特性」を考慮するような働き方を選択することができるようです。「一般枠」と「障害者枠」には、それぞれメリットとデメリットがあるようですが、発達障害としての特性が軽度であるような場合は、「一般枠」から就職をした上で、その後、自身の「特性」を考慮した上で、障害者枠の雇用へと変更などを行う人々もいるようです。「障害者枠」で就職することは、発達障害の有無や、あらかじめ障害の特性の事などを、詳しく企業側に告知しなくてはならないため本人自身の障害を公にすることを望まない人々もいるようです。「障害者枠」から入社することで、発達障害の「特性」の「理解」や「配慮」が得られることに関しては、大きなメリットとして考えても良いでしょう。「障害者枠」を利用することで得られる職場でのメリットとしては、【残業】や【人事】、または【転勤】の有無などにおいて、本人の「特性」に沿った体制が取られることが多いようです。また、デメリットとしては、選択できる企業や職種が極端に少なかったり、長期的に就職しても昇給や昇格が得られないといったようなモチベーションの欠落などをもたらすような事柄もあるようですが、何よりも安定的な職場や人間関係を築く上で、職場のスムーズな管理体制で迎えられることは、大きなメリットと言えるでしょう。