発達障害の「特性」による問題とは

9月 15, 2020 0 投稿者: admin

発達障害の「特性」などと呼ばれる、その特徴は一般的には、およそ3歳前後には、周囲の人々に確認できるようになるなどと言われています。その「特性」は様々ですので、周囲の人々が気づきにくい特性もあります。場合によっては、成人期を迎えるまで気づかれないことなどもあるようです。昨今では、「大人の発達障害」などと言って、様々なメディアなどでも注目をされていますが、 「発達障害」は、生まれながらにして脳の一部の機能が障害をもっていることによる情報処理の違いによるものでありますので、発達障害を持っているからといって、 生活ができない、仕事ができないなどといった問題ではないのです。ですが、社会的なコミュニケーションや、集団におけるルールを守ることにおいて、その判断や状況を読み取ることが若干困難であったり、また第三者との協同的な生活や活動を行う上で、その伝達や関わり方などに、問題が生じることがあるようです。発達障害を持つ子供たちは、学校生活の中などで、その特異的な行動に対して、問題行動などといったようなレッテルを貼られることがありますが、その特性を詳しく見ていきますと、実際には問題行動ではなく、彼らの持つ情報処理の仕方の違いによる特性であることが分かってきます。