発達障害をもつ子供たちのへの理解

11月 1, 2020 0 投稿者: admin

発達障害のある子どもたちは、生まれながらにして、脳の機能が異なりを見せると言われています。脳の機能の異なりが、あらゆる場面で、特性や個性などとして現れてくるようなのですが、場合によっては日常生活に支障をきたすほどまで、その特性個性が、社会的集団からはみ出てしまうようなことがあるようです。周囲のを見守る大人たちとしては、彼らの行動や内面を見極めながら、軌道修正を行おうとするとは思われるのですが、実際に、彼らを周囲の子供達と同じように考えることは、彼らにとって、厳しく生きにくい環境を押し付けてしまうことにもなりかねます。まずは、彼らの個性や特性などと呼ばれる、周囲の子供達との違いや異なりを見極め、彼らなりに、社会性を身につけていく術を考えていかなくてはなりません、こちら側が、簡単だと思っているようなことが、発達障害のある子供達にとっては、とんでもなく困難なことであったりもするのです。そのような感覚的な違いや、捉え方の違いを、よく理解してあげられることが、何よりも彼らを安心させリラックスさせることに繋がるようです。